子供達を野菜好きに!家庭菜園始めました!

主人といった1年代といった3年代の赤ん坊といった4個人家計だ。
みずからなく世帯の身体を保つのが、私の一番の業務です。
そんな世帯の身体を保つために、毎日いかなるビジュアルもいいので野菜を食べさせている。
中でも毎日家で採れた野菜を本当に1品食卓に打ち出すようにしています。
ただし、子どもたちは相当野菜を食べません。
そこで、では野菜ってどうしてでき上がるのか見てもらい、一緒に育て上げることによって、野菜への意識を変えていければと思い、在宅菜園を始めました。
大地作りから子どもたちと共に行ない、種まき、苗の植え付けなど簡単なプロセスは手伝ってもらっています。効果があった筋トレサプリのキャンペーンについて
続きを読む
なすやピーマン、オクラにトウモロコシなどの夏場野菜はもちろん、耳よりトマトなど子どもたちだけで簡単に成果もらえる野菜も育てました。
断然成果が興味深いみたいで、自分で籠を方向づけるようになりました。
「こういうかぼちゃは何に決める?」など赤ん坊といった話しながらコースの要請も受けるようにしています。
その野菜を毎晩食卓に鏤めるって、少しずつではありますが、食べてくれるようになりました。
なるべく子どもたちの好きな味付けにしたり、ハンバーグやオムライスなど赤ん坊の好きなものの中に、細く刻んで混ぜてみたりといった、
多少なりとも良いので食べてくれればって工夫している。
更にカレーライスの工具材は時期の野菜を上限としている。
カレーなら、苦手な野菜も沢山召し上がるようになりました。
おやつもかぼちゃプリンやスイートポテトなど、野菜によるおやつを赤ん坊といった作り上げることがありました。
今は生野菜を食べれるようになるのが目論見だ。
在宅菜園を通じてから、野菜を採り入れる際です増えただけでなく、ムーブメントにもなり以前より病状がよくなりました。
これからも子どもたちのと面白く野菜づくりをし、より良い食育に繋げていけるよう努めていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です