苦手な野菜を克服するために工夫をしたこと

主人といった1年代という3年代の児童って4ヒューマン生活だ。
自らなく家族の丈夫を保つのが、私の一番の必須です。
こんな家族の丈夫を保つために、連日どんな外見もいいので野菜を食べさせている。
更に連日家で採れた野菜を本当に1ものテーブルにもたらすようにしています。
但し、子どもたちは何だか野菜を食べません。
なので、それでは野菜ってどうしてできあがるのか見てもらい、一緒に育て上げることによって、野菜への意識を変えていければと思い、一家菜園を始めました。
グラウンド分析から子どもたちと共に行い、種まき、苗の植え付けなど簡単なタスクは手伝ってもらっています。
なすやピーマン、オクラに唐黍などの夏季野菜はもちろん、豆トマトなど子どもたちだけで簡単に利益望める野菜も育てました。
特に利益が興味深いみたいで、自分で籠を差し向けるようになりました。
「こういうかぼちゃは何に決める?」など児童といった話しながらメニューの提言も受けるようにしています。
その野菜を毎晩テーブルに並べるという、少しずつではありますが、食べてくれるようになりました。アルバイトで稼いだお金でジムに通う事にしました
http://www.hoodiapure.co.uk/
男らしい体を作るために筋トレに励んでいた
極力子どもたちの好きな味付けにしたり、ハンバーグやオムライスなど児童の好きなものの中に、細く刻んで混ぜてみたりと、
多少なりとも良いので食べてくれればって工夫している。
殊にカレーライスのツール材は陽気の野菜を限度としている。
カレーなら、苦手な野菜もモリモリ食べるようになりました。
おやつもかぼちゃプリンやスイートポテトなど、野菜によるおやつを児童って作り上げることがありました。
今は生野菜を食べれるようになるのが目安だ。
一家菜園を通してから、野菜を召し上がる催事です増えただけでなく、ムーブメントにもなり以前より体調がよくなりました。
これからも子どもたちのと面白く野菜作成をし、より良い食育に繋げていけるよう努めていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です